メニュー

にきびの治療

尋常性ざ瘡(ニキビ)の治療

ニキビには思春期男女にできる「若年層ざ瘡」と20歳以降にできる「成人ざ瘡」があります。

1.臨床型

第1段階 面皰(コメド)

毛穴の出口が狭くなって皮脂がつまっている状態

第2段階 赤い丘疹

アクネ菌が増えて炎症をおこし皮膚が赤く盛り上がった状態

第3段階 膿疱

膿がたまった状態

2.なぜニキビの治療は必要か

第1にニキビあとを防ぐ
第2に心理的な悪影響を除く

3.原因

毛穴は皮脂がたまってできます。若年性ざ瘡は性ホルモンの活動が活発になってできます。
成人ざ瘡は、月経前、ストレス、皮膚のバリア機能の低下、乾燥肌、間違ったスキンケア、不規則な生活などでおこります。

4.治療

面皰に対して毛穴のつまりを取り除くお薬
  • ディフェリンゲル・ベピオゲル
赤い丘疹・膿瘍に対して、アクネ菌の増殖を抑え、炎症を抑えるお薬
  • アクアチム・ダラシンT
  • ベピオゲル
  • 抗生物質のみ薬
  • 漢方薬のみ薬
よくなった状態を維持するお薬
  • ディフェリンゲル・ベピオゲル

5.スキンケア

皮膚の状態に合う化粧品のサンプルをお渡しします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME